職場の人間関係

良い仕事を引き寄せるには?

仕事や職場の人間関係において、ストレスを抱えている人はたくさんいますよね。僕自身ももちろんそんな事がありました。仕事面で引き寄せの法則を使っていくというのは、言い方を変えれば、自分にとって良い人間関係を作っていく、そんなイメージです。

大事な事としては、まずはあなたがやりたい仕事をやって幸せになる。仕事をしている自分を満たしてあげるんですね。そこには良い人間関係が生まれやすくなり、良い仕事を引き寄せられるようになっていく。これが、仕事で引き寄せの法則を行っていく流れです。

詳しく解説をしていきますね。

仕事で引き寄せの法則の使う本質

まず、今の仕事が好きかどうかが、本質的に重要です。仕事が嫌い、という状態では、同じように仕事が嫌いという人が引き寄せられてしまうんですね。ですので、仕事が好き、もしくは嫌いではない。ぐらいの状態で引き寄せを行っていきます。

今の仕事でどんなところが好きか、そして仕事を通じて得られたものは何か、仕事を通じて喜んでくれた人達はどんな人か、仕事で出会えた全てのものを思い出して、そこに意識を集中させることが引き寄せを強力にしていきます。

職場の人間関係を良くする引き寄せ

職場の人間関係をよくしていく引き寄せの方法は、あなた自身が気付いていく事から始まります。人間関係を良くするといっても、漠然としているので、仕事がテキパキスムーズに出来るようにしたいのか、それとも和やかなムードで仕事をしていきたいのか、など具体的にどんな状況にしたいのか考えるんですね。

テキパキ仕事をしていきたいのなら、職場にいる人達が、普段どんな時にテキパキするのか、人それぞれテキパキする状況は違うと思うので、個人個人のテキパキする姿に意識を向けていきます。

例えば、「あの人は普段ボーっとしているように見えるけれど、電話対応がすごいテキパキしているな!」とか。

こうして気付いていく事によって、見える世界が変わっていきます。職場の雰囲気がギスギスしているなーと思ったら、個人個人の優しい部分に意識を傾けるようにしてみる。こんな感じで意識の向ける先を変えていくんですね。

また、これは嫌いな人を無理に好きになるというわけではなくて、嫌いな人でも、少しはマシなところがある、という意識を持つ感じです。どうしても、嫌いな人とは、坊主憎けりゃ袈裟まで憎いみたいになりがちなのですが、そうなってしまうと、どんどん嫌いが膨れ上がってしまうんですね。こうなると人間関係が良くならないので、逆に意識をもっていくというイメージです。

仕事の失敗を劇的に減らす引き寄せ

仕事の失敗を劇的に減らせる引き寄せの法則の使い方を解説します。

これは、仕事が成功するイメージをしっかり持つことなのですが、準備に必要なもの(資料や話す内容など)、時間、仕事が完了するまでの流れを、きっちりとイメージして潜在意識に何度も何度も覚えこませるんですね。1つのパターンではなく、複数パターンを用意して考えられるイレギュラーな状況もイメージしておきましょう。

仕事の質はこの事前の準備をどこまで出来るかで、決まってきます。あとは、最後までやりぬくと決める事です。こうすると、仕事の成功率は高まります。

ミスを引き寄せてしまう場合

人間、完璧な人なんていませんから、誰でも仕事で失敗やミスをしてしまうことはあります。でもそれを、マイナスの経験として心の中にしまってしまうと、その不安や恐怖心が「またミスをしてしまうのではないか」という潜在意識に働きかけて、更なる失敗につながってしまいます。

ミスをしたらまた上司に怒られるのではないかと考えて緊張したり、仕事に注がなければいけないはずの気持ちを、ミスをした後の自分をイメージすることに使ってしまうと、仕事への集中力がどうしてもかけてしまうわけです。

すると、仕事で失敗を起こしやすい環境を自分自身で作ってしまうことになるのです。ミスをよくする人はやっぱり自分に自信がなくて、ミスをしたらどうしようということばかりを考えてしまうんですね。

もちろん、ミスの程度問題にもよるのですが、反省は必要ですが、ミスした自分を責めなくて良いです。

仕事探しに良い引き寄せの法則

引き寄せの法則は、もちろん仕事探しにも適用できます。転職活動をすると、一つの求人募集に対してたくさんの人が応募するので、自分よりも優れた人材が応募していたらどうしようなんて不安になってしまうことはありますよね。

でも、そうした不安な気持ちを持っていたのでは、引き寄せの法則に反してしまうのですね。

まず、選ぶポイントとしてはあなたの特技や好きな事が活かせそうな仕事。モチベーション高く遣り甲斐がもてそうな仕事が理想の転職先です。そして、あなたがその仕事に最も適した人材で、その仕事に採用すれば企業に最高レベルの貢献ができるというイメージを持つこと。

そうすることによって面接時には自信がつきますし、そうした雰囲気とかオーラは面接官にも伝わり、採用されやすくなりますよ。やはり面接官も人間なので、不安そうな気持が言葉のあちこちから感じられる人よりは、自信に満ち溢れている前向きな人を採用したいと思うものです。

引き寄せと仕事のまとめ

仕事での失敗を減らすためには、もしミスったらどうしようという心配をするのではなく、上司から「また次もよろしく頼むよ」と激励されている自分を強くイメージするようにしましょう。

そうすると、引き寄せの法則によって完璧な仕事をするために自分の心の中で雑念を取り除き、集中力をアップした状態で仕事ができるようになりますし、それがミスを減らすことにもつながります。心の中のネガティブな気持ち排除して、ポジティブなエネルギーに変えることで引き寄せの法則が強く作用してくれます。