今回は第六チャクラ(アジナチャクラ)の活性化をして、チャクラを開いていくための周波数を使用した瞑想用音楽を作りました。

アジナチャクラを開くには、13hzの周波数がちょうど眉間あたりに響いてきますので、13hzを音の軸にして音響効果を加えた音楽にしています。

瞑想方法の解説なども、一緒に読んでみてください。

第六チャクラ、アジナチャクラとは?

第六チャクラのアジナチャクラ(ajna)とは、サイキック能力を開くチャクラという事もあって、7つのチャクラの中でも人気が高い気がします(笑) 部位は眉間の部分になるので、第三の目とかサードアイ開眼なんて呼び名もありますよね。松果体に関する本などでも出てくるチャクラです。

第一~第五までとは違った、より深い精神世界に入るのがアジナチャクラです。

アジナチャクラを開くことでどんな効果がある?

アジナチャクラを開くと、直観力が優れてくる、という効果が一般的ですね。拡大解釈をされて超能力が使えるようになる!みたいな記事も見かけたのですが、それはどうなんでしょう・・・(苦笑)

アジナチャクラを活性化させると考えが明瞭になってくるというのが一般的な効果です。

あと僕の個人的な事ですが、アジナチャクラの活性化は引き寄せの力の部分にも繋がってきている気がします。僕だけかもしれないのですが、引き寄せがうまくいく時は、直観が冴え渡っているんですよね。

引き寄せについてはこちらの記事を読んでください。
引き寄せの法則とは?初心者でも失敗しない方法を公開!

瞑想する時のポイント

この音楽を聴きながら瞑想すると、自然と眉間部分に意識が集中できると思います。場合によっては、眉間が痛くなるかもしれないので、その場合は反応が強く出過ぎてしまっているため、音楽を聴くのをやめてください。

音楽を聴いていて、眉間あたりが気になる感じ、少しムズムズするような感覚が出てきたら、腹式呼吸を始めてください。

その時、藍色のエネルギーを鼻から吸って、眉間のあたりでエネルギーが止まり、そこから体が輝くイメージを持ち、最後に深く静かに口から吐き出してみてください。

アジナチャクラを開くために、エネルギーを通している、そんな感覚で呼吸をしていくと意識しやすくなります。なかなか眉間に感じにくい場合は、新しい物事を知った時や物事がひらめいた時の感覚を思い出してみて、瞑想をするとアジナチャクラを意識しやすくなります。

第七チャクラを開くための音楽はこちらです。
第七チャクラ(サハスラーラ) 活性化のための瞑想用周波数音楽!