今回は、イルカの鳴き声を使った癒しの音楽です。

イルカの鳴き声と海中の音だけのバージョン。

イルカの鳴き声にヒーリング音楽を加えた癒し効果を強くしたバージョン。

イルカの鳴き声だけのものと、ヒーリングミュージックのものお好きな方を聞いてください。
どちらも睡眠時に聞き流せるように、長くリラックスできるように調整しています。

また、効果に関してや瞑想についての解説などもしていますので、記事の最後まであわせて読んでもらえれば幸いです。

イルカの鳴き声の特徴

イルカは、海中で群れをなして行動をしている事が多いです。
そのため、仲間同士でのコミュニケーションをとる際に
クリック音(キリキリ)、ホイッスル音(ピーピー)を使い分けて、集団行動をしています。

特にホイッスル音の高周波には、イルカの個別の音が含まれているので、何頭もの群れで泳いでいても、お互いを認識できるんですね。数十キロとかなり離れたところに場所にいても、仲間のイルカに伝えられるほどの周波数を出しています。

イルカの鳴き声で癒し効果は高い?

イルカの鳴き声は、高い周波数(超音波の粋)が出ています。160万Hz以上という非常に高い周波数なので、イルカの鳴き声って人間の耳で聞こえるレベルではないんですね。

ですが、聞こえる範囲のイルカの鳴き声でも人間の脳波はアルファ波などリラックスした脳波になっていく効果があります。(また、一節によると、僕達がお母さんの胎内にいた頃の音と、イルカの鳴き声が似ているとか、同じ周波数という話も。)

また、イルカセラピーなどでは、イルカと一緒に泳ぐことで、うつ病の改善効果が持続した、なんて話が出てきますが、イルカの鳴き声の振動が海中、水を通すことでより伝わりやすくなって効果が高まるのでは?という研究もされているみたいです。

野生動物のもつ治癒力ってすごいですもんね。

セラピストさんによっては、インナーチャイルドのセラピーにイルカの鳴き声を使われている事もあります。
インナーチャイルドについては以下の記事を読んでください。

インナーチャイルドを癒すとは?主な癒し方と考え方

瞑想にイルカの鳴き声を使ってみる

僕は、瞑想時にイルカの鳴き声も使っています。

ずっと聞いていると、独特な意識状態に入っていくんですね。普段の瞑想では、自然音、クリスタル系とかチャクラ系の周波数を使ったものとはまた違う感覚です。普段の瞑想では静けさをもたらすイメージですが、イルカの鳴き声で瞑想を行うと穏やかさ・温かさを感じます。

なので、瞑想しようと思って聞くと深くリラックスしすぎて眠くなってしまう事もあるのですが、心を浄化したい時にすごく良いです!

ハワイのオ・ポノポノとの相性も良いです。やり方は下記の記事を読んでください。
ホ・オポノポノとは?初心者でも出来る簡単なクリーニングのやり方

メール講座では無料のサウンドワークを行っています。音楽を使った意識をうまく使う方法や、引き寄せの法則に関しての音声セミナーもプレゼントしていますので気軽に参加してください。