ソウルメイトへ

ソウルメイトというと、どんな関係を想像しますか?「どんなことがあっても切り離すことができない無二の親友」とか「お互いに深い部分まで理解している関係」など、とても近くて密接な関係というイメージを持つかと思います。

ソウルメイトの言葉を見ると、ソウル(Soul:魂)とメイト(Mate:友達)の組み合わせによって作られていて、魂がつながっている友達、いわゆる運命の人というような意味合いもありますね。

魂のレベルでつながることができる運命の人は、異性でなければいけないという決まりがあるわけではなく、同性でもソウルメイトを見つけることは可能です。極端な事をいうと、お年寄りと小学生なんて事も。

僕自身の体験談として、ソウルメイトの概念は、過去を振り返ってみて、あの人がソウルメイトだったのかも?と思う事がありました。この時の事を詳しく解説していきます。

ソウルメイトとは?スピリチュアル的に

ソウルメイトとは、魂の形が合いやすい人同士の事(ジグソーパズルのような)です。ソウルメイトを細かく分類していくとツインレイ・ツインソウル・ツインフレームなどがあります。

ソウルメイトの概念としては、元々1つだったものが、ジグソーパズルのように分裂してしまって、別々のところに存在し、また何かのきっかけで出会い、再び一つになる(統合する)もの、というイメージですね。

こうして書くと、喧嘩して別れた二人が復縁して元鞘にみたいに感じるかもしれませんが、ちょっと違うのはソウルメイトは、再び一つになる時は、前の関係性ではなくて、新しい価値観に発展していく、成長していく、という事が重要なポイントです。つまりソウルメイトとはお互いに高め合えるような関係性ですね。

ソウルメイトはどんな特徴がある?

自分と魂のレベルでつながっているソウルメイトは、そばにいるだけでお互いにとても心地よい雰囲気やオーラを持っているのが特徴です。安心感と安定感が抜群にある事が非常に特徴的です。

雰囲気とかオーラは目で見て確認することができませんが、スピリチュアルな才能を持っている人だとはっきりと感じることができますよね。

またそうした能力を持っていなくても、そばにいるだけで言葉を交わさなくても心地よいとか、その場の雰囲気が微妙な感じにならないなど、相手と同じ空間にいることでプラスの気持ちを得ることができれば、もしかしたらその相手はソウルメイトと言えるのではないでしょうか。

ソウルメイトは、見た目に特徴があるわけではありませんし、自分と雰囲気やオーラが似ているからと言って、外見も似ているとか類似点が多いわけではありません。

あくまでも魂のつながりなので、外見は全く正反対ということももちろんあります。はたからみると、友達・師弟・親子のようになる事も。魂の深い部分で繋がっているからこそ、広義での愛情に溢れているんですね。いわゆる無条件の愛、真実の愛というものでしょうか。

その結果としてソウルメイト同士で安定・安心という意識をもたらす空間は、他人がつけいる隙がないほどの関係性になっていきます。これがソウルメイトの最大の特徴です。

いつ出会えるの?

ソウルメイトにいつ出会えるのかは、事前に予想することは難しいものです。

しかし、実際に出会うとなんとなくお互いにビビビと感じるものがあったり、会話をしたことがないけれど気になって仕方がないという勘が働くことはあります。

オーラや雰囲気によってお互いに惹きつけられるので、どちらからともなく自然に好意を持ちますし、実際にコミュニケーションをとってみると、心地よくて自分が自然体でいられるなど、相手からプラスのエネルギーを感じることができます。

言葉でははっきり説明することはできなくても、ソウルメイトに出会うとスピリチュアルな部分で「この人が運命の人だ」と分かることが多いのです。

ちなみに、ソウルメイト候補の人が複数同時期に現れる事はないようです。この辺がうまく出来ていますよね(笑)

基本的に、候補の人1人と出会って、それで上手くいかなかったら、また別のソウルメイト候補の人と出会うという流れのようです。

また、出会えるようになるまでには、時間がかかることも多いです。それは、ソウルメイトの関係性が、成長・発展させていくもののため、それまでは個の成長が求められるんですね。

「いつ出会えるの?ソウルメイトはいつ現れてくれるの?」とヤキモキしてしまうと、逆効果なので注意してください。

ソウルメイトに出会うときに起こる前兆

具体的に自分がいつソウルメイトと出会えるのか、前兆などがあって知ることができれば、楽ですよね(笑)

僕の場合は、必ずしもソウルメイトに出会う前兆という事ではないのですが、時間感覚が研ぎ澄まされていく時期があります。時計無しで、何時なのかが感覚的にわかるようになっていくんですね。そういう時期は、シンクロニシティが起こりやすくなっているので、ソウルメイトに出会いやすい気がします。

ただこれは僕の場合の話で

一般論としては、スピリチュアルな能力を持っている人なら、なんとなく予知することはできるかもしれませんけれど、一般的には事前に知ることはできず、出会った時に「この人だ」と直感できるものです。

しかし、人生にはアップダウンの波があり、良い時期もあれば悪い時期もあるものです。

僕たちは、自分でこうした波をある程度コントロールできると考えていますけれど、実際には広大な宇宙空間の中でそうした波はあらかじめ決められていて、僕たちはその小さな中でほんのわずかにしかコントロールすることはできないのです。

ソウルメイトと出会うということは、人生の波においては特別なタイミングです。

人生のアップに向かう前にはダウンがあるわけで、ソウルメイトと出会う前には人生のダウンを経験する人は少なからずいます。

例えば、仕事や趣味、家族や恋人など大切な何かを失って失意のどん底に突き落とされてしまったり、病気をして人生の意味や目的を見失ったり、大きな失望を感じる何かを経験する人はたくさんいます。

しかし、その後にソウルメイトと出会えることを考えれば、そうした失意や失望があるからこそ、僕たちは周囲の全てに感謝する気持ちを持つことができるわけです。

それに、そうした環境の中でソウルメイトと出会うということは、勘がある意味研ぎ澄まされている状態で人生の波が上昇することにつながるので、前兆となる失
望や失意は必要悪と言っても過言ではありません。

そうした感覚を研ぎ澄ませるには、とにかく瞑想がおすすめです。やる前とやった後で、日常生活がまったく変わってくるので!

初心者でも出来る瞑想のやり方 時間やおすすめグッズなど

体調不良や夢の変化がある?

ソウルメイトと出会う前の前兆は、人によってどんな症状が出るかは個人差があります。

精神的に大きなダメージを受ける人もいれば、体調がよくなかったり、病気になるなど物理的な体がダメージを受ける人もいます。

一方で、そうした不調を自覚しない程度の軽度の前兆しか感じない人もいるので、かならずこうした前兆が起こるとは一概にいうことはできません。

広大な宇宙の中ではちっぽけな存在となる僕たちの心の中は、宇宙から送られてくる波長と共鳴しています。そうした波長には潜在意識が作用し、ソウルメイトと出会う直前には、何と夢の中でその人と対面できることもあります。

夢の中で会った人と実際に出会うと、それは誰でも「この人!」となるわけです。夢がソウルメイトをあらかじめ教えてくれるということは、スピリチュアルにしかなせない現象ですね。

相手がソウルメイトだとわかるきっかけは?

ソウルメイトに出会っていたとして、どうやったらソウルメイトだと気付くことが出来るか、わかるのか、これは人それぞれです。
例えば、声を聞いただけで直感が働く人もいれば、顔を見た瞬間ソウルメイトだって思う人もいますし、一緒に過ごす事で実感する人もいれば、男女の仲になってわかる、なんて人もいるんですね。

僕の体験談としても、今思うと、初対面で何かピンときた人です。今までの人生でたくさんの人と出会ってきましたが、僕がソウルメイトだなって思っている人は、初対面で違う何かを感じました。どこか、柔らかい空気感になっていましたね。

ソウルメイトは、探すものではなく、自分が成長したタイミングで必然的に出会っていくと思うんですね。引き寄せに近いというか。なので、相手がソウルメイトだと気付く事がすごく大事だなぁ、なんて思います。