潜在意識で悩む人

僕たちが頭で考えることなく、無意識のうちに行動するのは潜在意識が働いているからです。脳全体の90%を占めると言われている潜在意識は、正しい方法を覚えることによって書き換えを成功させることは可能です。1つは段階を踏んで書き替えていくパターン、もう1つは半強制的に書き換えるパターンとあるので紹介していきます。

※ページ後半で潜在意識を書き換えるための音楽も追加しました!

ただ、一つはっきり言っておきたいのは、潜在意識を書き換える事は、ポジティブシンキングで無茶苦茶な目標を達成したり成功する方法ではありません。

高い目標は達成出来なかった時とても大きな挫折感がやってきます。ですので、ポジティブもネガティブも関係なく、あなたが自分自身との関係性をうまくする事で、意識が変わっていきます。それが真の潜在意識の書き換え成功です。

潜在意識を具体的に書き替えていく方法

では、潜在意識を具体的にどうやって書き替えていくのか解説を行っていきます。まず段階を踏んで書き替えていくパターンは、

  • 1 自分自身の現状を見つめる。
  • 2 どうなりたいのかイメージをする。
  • 3 アファメーションを行う。
  • 4 実際に行動にうつす。

この4つのステップを繰り替えしていきます。

それぞれ説明しますね。

STEP1 自分自身の現状を見つめる

自分自身の現状を見つめるというのは、自分に気付くという事です。これはけっこう痛い作業だったりします。
これは出来れば、自分だけで行うのではなく同僚・友人・恋人・家族などの周りからの視点もとりいれてみてください。

どうして僕たちは自分の見たいもの・知りたいものは潜在意識(無意識の記憶)によってフィルターがかかってしまいます。それは自分自身の事でさえも。そのため、物事を出来るだけ正確に知るには、主観だけでなく客観がある事によってフィルターが外れていきます。

STEP2 イメージする

自分自身の現状を把握したら、どうなりたいかイメージします。ここで大事なポイントは、達成できる自分がイメージできて、その達成している時はどんな感情なのか感じられること。

例えば、何の経験もない状態で、潜在意識を書き替えて、年収1億円になる。これってイメージわきますか?たぶん、心の中で「いや無理」っていう反応が起こると思います。

でも、大きい夢を叶えたい!という気持ちもあっていいです。

この無理と思ってしまう気持ちを、少しずつ、これなら出来るんじゃない?と成功出来そうな段階をイメージして書き替えていけば良いんですね。

潜在意識は、一回で大きく書き替えようだなんて思う必要はないので、例えば、今年中に月収50万円にはなってみせる。とか、頑張れば手が届きそうなことと、その感情を想像してみて下さい。

感情とセットにするから、潜在意識に記憶されやすくなります。

STEP3 アファメーション

ここで、アファメーションを行います。簡単にいえば、自分がたてたイメージの感情的なことを忘れないために潜在意識に刷り込んでいくんですね。そして、潜在意識に刷り込んでいくことによって、なりたいイメージの感情を思い出せるようになっていく。これを繰り返していきます。

大事な事はちゃんと感情を思い出すことです。

アファメーションとは?初心者でも出来るやり方と作り方

STEP4 行動にうつす

最後は行動に移します。なりたい自分を叶えるために、何が必要なのか、イメージの段階である程度見えていると思うので、勇気をもって進んでいくのみです。ポイントは、自分の心にどれだけ優しくなれるか、自分の心が反発しない事をどれだけ出来るかです。

自分の心が反発してしまうことがたくさんあると、行動そのものが出来なくなってしまいますよね。潜在意識をうまく使うというのは、この反発を減らしていくという意味でもあります。

この4つのSTEPを繰り返しながら、階段を上るように潜在意識を書き替えていく流れです。

半強制的に潜在意識を書き換える方法

続いて半強制的に潜在意識を書き換える、これは勇気は必要ですが、やる事は簡単です。それは、自分がなりたい!と思う人達のところに行く、という非常にシンプルな方法です。

月収30万円の自分が、年収1億円稼ぎたいと思うのなら、年収1億円以上稼いでいる人達のパーティーやセミナー、懇親会などに行ってみるんですね。そうすると、場違いな自分を感じてしまうと思います。

それでも、めげずに行き続けていきます。そうすると、今までなかった価値観の世界にいる事によって自分の価値観が大きく変化をして、こんな世界があったんだ!と一気に潜在意識が書き換わりやすくなります。

潜在意識を書き換えるコツ

上記の2つのパターンを解説しましたが、潜在意識を書き替えていくには、いつでもその時の感情を思い出す、という事が鍵になっていきます。

自己啓発系やスピリチュアル系のセミナーに参加された方で、参加して、ワークなどに取り組んでいる時はすごく行動的だったのに、しばらくすると続かなくなってしまう、結果として、またセミナーに通ったり、違う先生のところに行ってみたり、なんて事ありませんか?

あの時の勢いはどこにいってしまったの、、、と忘れていってしまいます。人間のやる気や感情は体温と同じように上がったら下がって、という事が起こりやすいです。そのため、潜在意識を書き換えるには、何度も思い出す事が大事なんですね。

思い出すという作業は、脳を刺激します。思い出す事を反復練習していくうちに、当たり前になる、これが潜在意識に定着している状態です。

そして、その時の感情を思い出せるようにするために、アファメーションを行うのですが、アファメーションは眠気のある状態に行うのがおすすめです。眠気のある状態というのは、脳の意識が変性意識という、潜在意識と顕在意識の中間ぐらいになっているので、潜在意識に届きやすいです。

書き替えに必要な期間

潜在意識の書き換えに必要な期間には個人差がありますが、毎日集中して続けていても短くて3週間ぐらい、長ければ2ヶ月ぐらい。

僕がおすすめするのは、いきなり大きく変えようとすると、心の反発が起きてしまいやすくなるので、簡単に書き替えられそうなことから始めていく。そうやって潜在意識が変わっていく実感をしながら、段階的に潜在意識を書き替えていく流れがやりやすいと思います。

そうすると、期間を気にしてモヤモヤしないで済みますし、ある種の趣味のようにチャレンジできるので潜在意識の書き換えそのものが楽しくなっていきますよ。

潜在意識とアファメーションの関係のまとめ

潜在意識は顕在意識とは違って、頭で考えて行動していくものではなく、無意識で自分自身をコントロールしてしまうものです。良い方にも悪い方にも無意識は影響します。

そこで、潜在意識をうまく使いたい方は、潜在意識を書き換えていくために、アファメーションを行うというのがセオリーですね。

具体的なアファメーションの方法ですが、まずリラックスした環境の中で瞑想をしていきます。

その時、パソコンの上書きをするような感じで、どんなコンプレックスを持っているのかを遠い記憶の中から掘り起こし、それをポジティブなイメージへと上書きするのです。

どんなふうにするかというと、素敵な相手とデートを楽しんでいる自分の姿を強烈にイメージして、その時の自分の表情とか服装、髪型、その時のお天気などを映画のワンシーンのような感じで脳裏に鮮明にイメージしてみてください。それを繰り返すことで潜在意識の書き換えができます。

一番簡単な願いの叶え方は以下の記事をご覧下さい。
願いを叶える方法 一番簡単で効果のあるやり方

潜在意識を書き換える音楽

潜在意識を書き換えるための音楽を作りました。これは、潜在意識のイメージやアファメーションが出来てから、聴くことによって、潜在意識に刷り込まれやすくなるよう、シータ波を調整して作っています。

おすすめの本

僕はアファメーションの本が大好きで、具体的にどんな風にしたらよいかを教えてくれる本とか、実際に体験して効果を実感した人の体験談みたいなものを読むことでワクワクします。たくさん読んだ本の中でもおすすめなのは、C・ジェームズ・ジェンセン著の「潜在意識をとことん使いこなす」という本ですね。

この本は、簡単にさっと読めるけれど内容がとっても充実していて、潜在意識が僕たちにどんな可能性をもたらしてくれるかをたくさん紹介してくれています。イメージすることがとても大切ということは、この本を読めば納得できますよ。 他にも、「もっと私らしく生きる最高の方法」は読むと肩の力がふっと抜ける本ですよ。