グルグル

今回は変性意識について解説を行っていきますね。変性意識とは、通常の脳波(ベータ波)以外の脳波の状態(アルファ波やもっと深いシータ波)が出ている意識の状態の事をさします。

この変性意識というのは、火事場のバカ力とか、トランスと呼ばれたり、ゾーンなんて呼ばれるような状態で、ものすごく集中力が高まっていたり、深いリラックス状態に入っていて潜在意識にアクセスしたり、書き替えたりする時にも変性意識状態になるんですね。

今自覚している意識の状態が、顕在意識で 無意識の状態が潜在意識。その2つの架け橋となっているのが、変性意識と呼ばれています。日常生活で言うところのまどろんでいる状態が一番イメージしやすいでしょう。

変性意識状態に入るには?

変性意識状態に入る方法はいくつかあるので紹介しますね。

1 瞑想する
2 マラソンなどをする
3 催眠を行う
4 性行為を行う
5 音楽を聴く

これらは変性意識状態に入りやすいですね。この5つの中でもっとも簡単に入る方法は、断然音楽です。他は1人で出来なかったり、訓練が必要になるので音楽を聴く方法が一番簡単な方法です。

入れる理由、入れない理由

ただし音楽を聴いても、変性意識に入れないという方はいます。変性意識状態は催眠状態でもあるので、人それぞれ例えば、言葉による誘導によって入れる人もいれば、音楽で入れる人もいるんですね。あとは、光を使った意識集中方法など。

どうしても変性意識に入る手法には、合う合わないがあります。

比較的、論理的思考が強かったり、学生時代勉強が好きで成績も良かった方は、誘導瞑想などや催眠が入りやすいですし、感覚で物事をとらえるタイプの方は音楽が効果的ですね。

リラックス状態になりやすいものを選ぶのがおすすめです。

危険はないの?

自分で変性意識に入っていこうと音楽を聴くなどして、スイッチを切り替えていく分には危険は特にありません。変性意識に入ってふわふわした脱力状態になったとしても、そこに意識が集中している状態なので自然と解けます。日常生活では今まで通り顕在意識が出ているので危険はありません。

ですが、注意して欲しいのは、他者の誘導によって変性意識に入るパターンです。

他者の誘導によって変性意識に入る、これっていわゆる催眠術をかけられた状態になるんですよね。で、催眠術師の方は割りと自分自身も催眠にかかっている状態があるみたいなので、経験の浅い人が遊び半分でやったりすると、危険が生じる可能性もあります。

そのため、ヒプノセラピーなどは、催眠技術の応用によってのセラピーなので、セラピストさんはしっかり吟味した方がいいですね。

変性意識に入る音楽

変性意識に入る音楽と言っても、どの深さを求めるかによって違ってきます。アルファ波を引き出したいのなら、リラックス出来る音楽ならなんでもOKです。クラシックでも、リラクゼーション系の音楽でもアルファ波は引き出しやすいです。

アルファ波よりも深い状態のシータ波を引き出すなら、バイノーラル録音されている音楽や、瞑想用の音楽がおすすめですね。
僕が作っている音楽だと以下のものとか変性意識に入りやすいと思います。シータ波が出るように周波数をいれて作っています。

聞き方のコツはまず全身脱力状態が好ましいので、ゆっくりとしたリラックスできるような服装で部屋の明かりは暗くしてください。
そして、音楽を聴き始めたら、ポーと鳴っている音と、その周りの空気のような音の動きを感じると思います。この音の動きなどに意識を集中させていると、段々体の感覚が変わってくるのを感じられると思います。

変性意識状態の感覚

変性意識状態の感覚は、その深さにもよるのですがシータ波を引き出すようにしている状態だと、なんともいえない浮遊感を覚えます。そこからさらに意識が深くなると体外離脱というような感覚になったり、なんともいえない絶頂感や幸福感を味わう人もいます。どれが正解なの?と思う必要は無くて、感じ方は人それぞれ違ってくるんですね。

僕の場合は、自分は存在するんですが、肌と空気の境目がなくなるようなそんな感覚になります。

ワンネスのような感覚かな?と思っています。
ワンネスとは?スピリチュアルの世界を体感する方法

この状態は一度体感すると、入りやすくなるな~と思います!

そして、変性意識にも二段階あります。

集中状態に入って、深くなっていくと、一気にスーッと世界が開く感じで忘我の状態(無心の状態)となっていきます。とても心地良い状態です。これがいわゆる悟りの境地なのかもしれないですね。

どんな呼吸がいい?

呼吸方法は、腹式呼吸がおすすめです。

やり方は瞑想の記事でも書いているのですが
初心者でも出来る瞑想のやり方

胸で息を吸うよりも腹式呼吸の方が、早くリラックスしやすいんですね。ただし、呼吸に意識が傾きすぎるとリラックス出来ないどころか、あれ?呼吸あってるっけ?とゲシュタルト崩壊気味になって逆効果になってしまうので、自然にできる状態が一番です。

変性意識に入って、浮遊感を感じ始めると、呼吸をしている自分自身を客観的に感じられるようになってきます。
なので、日ごろから腹式呼吸をするようにしておくと変性意識に入りやすくなっていきますよ。

無料メール講座では、サウンドワークで意識の調整をしやすくしたり、ブログでは書いていないテクニックなども解説していますので登録してくださいね。